FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国本土でGmailやSNSの出来るChina UnicomのデータSIMを試してみました


中国本土ではGmailやTwitter, LINE, FacebookといったSNSが禁止されているため,日本国内への連絡手段が限られて不便でした。業務のメール等に関しては会社のネットワークにVPNで接続してやり取りが出来るのでまだ良かったのですが,個人的な連絡手段には使えないため,本当に困りました。

そのため,以前は個人的にVPNサービスを契約したり,中国本土でSNSが使用できるWi-Fiルータを空港でレンタルしたりしていました。VPNについては,無料で使用できるものは安定性に欠け,有料のものはこのためだけに契約維持するのももったいない気がしましたし,レンタルのWi-Fiルータはおよそ1,000円/日という高い値段でしたので,他の手段がないか探した結果たどり着いたのがこのSIMです。

このSIMはChina Unicomですが,香港がメインエリアで,中国本土はローミングということで,GmailやSNSが使えるということでした。価格はAmazon.co.jpで1,020円。これでアクティベートした日を含めて8日間有効で,データ量は2GBまで(2GBを越えると128kbpsになる)ということでした。これならまあ気軽に使えるということで試してみました。

使用にあたってはSIMフリーのスマートフォンが必要ですので,Xperia XZ1 Compactの海外SIMフリー版を使用しました。香港に入ってからSIMを挿し,APNに"3gnet"と入力し,ローミングをオンにするだけで,香港と中国で問題なく使え,売り文句の通りGmailやSNSも全く問題なく使用できました。今回は深圳の郊外にある取引先に行ったのですが,通信もすこぶる安定し,取引先が提供してくれているWi-Fi環境よりも良い状態でした。テザリングも問題なく使用できました。

ということで,短期の中国本土出張であればこれは十分に使える選択肢だとわかりました。次に行くことがあればまた利用しようと思います。

蛇足ですが,今回宿泊した中国本土のホテルでは,ホテルが提供するWi-FiでもGmailやSNSが利用可能でした。Wi-Fiの接続の認証が個人認証になっていたので,外国人に対してはGmailやSNSを許可する接続を提供するようになっていたのかもしれません。
スポンサーサイト

手持ちのLamy Safariを数えてみました... 17本

lamy_safari_17_620.jpg

まあ文具マニアの方からすればまだまだだね,かもしれませんが... 透明の軸から買い始めて,気が付いたら17本になっていました。常時稼働しているのは5本くらいで,あとは新しいインクを入手したときに引っ張り出してきて使う程度です。ですが...まだ増えていきそうです。

あとLamyの万年筆で持っているのは,Lamy 2000 2本,Studio 2本,Logo 2本,cp1 2本,AL-Star 1本,というところでしょうか。Lamy 2000以外はZ50シリーズのニブが取り付けられるので,あとで太さを変えられたり,書き味が気に入ったニブに取り替えたり,ということが簡単にできるので,書き味が良くなくてもニブ交換で救われる可能性があるところが気に入っているのでしょうね。

他社の万年筆もいくつか持っていますが,Safariを使うことが圧倒的に多いです。本当は,一度ペリカンのスーベレーンを使って見たいと思っているのですが,なかなか勇気が出ません。

モンベル(mont bell)のキーホルダー「キーキャット」


長年愛用しているモンベルの同型のキーホルダーが古びてロープの継ぎ目の外れそうになってきたのでずっと探していたのですが,購入した店にはすでに置いておらず,Amazonにもなかったのでもう精算していないのかと残念に思っていたところ,モンベルの通販サイトではちゃんと売っているではないですか! ということで,無事新調できました。「キーキャット」なんていう名前がついてるんですね。

私が持っている古いもの比べてリングが少し小さくなっていました。少し軽くも感じたので材質も変わっているのかもしれません。このリングにスッと指が入ることが重要なので,リングは古いものから外して交換しようかと思います。

という小ネタでした。ちょっとうれしかったので。

タグ: [雑貨] 

Lamy Safariに取り付け可能なZ50シリーズのニブ

lamy_z55_z52_z53_z50_nib.jpg
左から Z55 gold nib 14K / Z52 LX nib black / Z53 nib aion / Z50 nib black

今までに何度か,英The Writing DeskからLanyのニブを購入した記事を書いてきました(→[Lamy]タグ参照)。久しぶりに同サイトのLamyスペアニブのページを見てみたところ,Z52, Z53という見たことのないニブがあったので,興味本位で購入してみました。約2週間で届きました。

写真の一番左のZ55 gold nib 14Kは以前購入したものです(→「Lamy SafariにZ55 Gold Nibを付けてみた」)。今回購入したZ52 LX nib black,Z53 nib aionは,それぞれLamy LX,Lamy Aionという万年筆用の交換ニブのようですが,Safariにも全く問題なく取り付けられました。

価格はZ52 LX nib blackが£9.92,Z53 nib aionは£8.25で,Safari用のZ50 nibに比べると約2倍で結構高いです。今回はあとZ50 nib 1つを加えて3個のニブを購入し,送料込みで£25.25(日本円で約3,600円)でした。

the_writing_desk_invoice_#105862_1
INVOICE

どんな書き味かはこれから試してみたいと思います。LamyのZ50 nibは今までの経験ではだいぶばらつき,当たり外れがあり,当たりは半分以下という印象なので,今回買ったものだけでは判断できないのですが... 当たりであることを願って...

Xperia XZ1 / XZ1 CompactをAndroid 9にアップデートしたあとMVNO SIM (IIJmio)でテザリングが出来なくなる現象と回避策について

tethering.jpg

先日,愛用しているXperia XZ1とXZ1 Compactに相次いでAndroid 9へのシステムアップデートがやってきたので,特に必要はなかったけど放置しておくのも気持ち悪かったのでどちらもアップデートしました。特に支障はないと思いきや,テザリング(tethering)が上手く働かなくなってしまったのには困り果てました(Wi-Fi接続している機器で「接続先にインターネット接続がありません」と表示される)。使っているのはIIJmioのSIMです。相当悩みましたが,とりあえず回避策が見つかりましたので,ここで報告しておきます。

結果から言うと,IIJmioのAPN設定はXperiaに元々プリセットとして内蔵されていた設定を使っていたのですが,それではダメで,APNの設定に下記赤枠の"MVNOの種類:SPN", "MVNO値:NTT DOCOMO"を追加することでテザリングが可能となりました。暫定対策として使えると思います。



なお,NTT DOCOMO純正のSPモードのSIMをXperia XZ1, XZ1 Compactに入れた場合は問題なくテザリング出来ましたので,MVNOもしくはIIJmio特有の問題なのかもしれません。また,IIJmioのSIMをGoogle Pixel 3に入れてプリセットのAPN設定で試したところ,問題なくテザリング出来ましたので,Xperia特有の問題の可能性が大きいです。

まあこのような基本機能の問題は次のシステムアップデートで修正されるとは思いますが,それまで待てない方はお試しいただければと思います。とにかく回避策が見つかって助かりました。でも気持ち悪いので早く正式対応して欲しいものです。(正しい対応方法をご存じの方がおられましたらお知らせいただけるとうれしいです)

今更ですが Let's note CF-B11 を導入しました

letsnote_cf-b11.jpg

以前からPCはPanasonicのLet's noteと決めていて,家族で共用で使っているPCもCF-B10というモデルを使っています。確か購入したのは2011年頃だったのではないかと思います。液晶が15インチ以上で重量も約1.9kgあり,Let's noteとしてはかなり大きく持ち運びには適しませんが,画面が大きく移動可能なデスクトップというような感じで重宝しています。CPUはCore i5でメモリは4GBを積んでいます。

だた,古いモデルなので家族から動作が遅い!という苦情がだいぶ前から出ていました。一度内蔵HDDをSSHDに交換してしのいでいたこともあったのですが,もう限界という感じだったので,SSDに交換して延命出来ないかとトライしてみたところ,意外に実用上問題ない程度に動作するので,この世代のものでもSSD化すれば結構使える!という感触を得たのでした。(記事「Panasonic Let's note CF-B10 SSD換装メモ」参照)

最近家族皆の使う時間が増えてきたのでもう一台導入しようと思ったのですが,Let's noteの現行機種は液晶が15インチ未満で小さいのでどうしようか迷っていたのですが,Let's note CF-B10でもSSD化すれば実用上支障がないことがわかったので,その一世代あとのCF-B11で探すことに。

楽天で中古を探したところ,比較的コンディションの良さそうなCore i7/メモリ8GBのWindows 8のHDDモデルが税抜35,000円であったので,これだ!と思って購入しました。OSがWindows 10ではないので安かったのかもしれません。これをSSD 1TBに換装し,自分でWindows 10に無償アップグレードしました。(Windows 10へのアップグレードに関しては「まだ可能だったWindows 10への無償アップグレード」参照)

まだ本格稼働出来ていませんが,パフォーマンスは想定通り実用上問題なさそうなので,古いモデルですがまだまだ使えそうです。

ちなみに...上記の物件を探している中で,Core i7/メモリ16GB/Blu-rayドライブ内蔵の美品があったので,これは自分用に確保しました(^^;。メモリ16GBもいらないのですが...これをSSD 2TBに載せ替えてセットアップしました。

ちなみに,Windows 10をクリーンインストールしたかったのですが,このモデルはWindows 10へのアップグレード対象外でWindows 10用のドライバが提供されておらず,公開されているWindows 8用のドライバではすべてがうまく当てられなかったので,一旦Windows 8でリカバリして,そこからWindows 10へアップグレードすることでドライバの問題は一応解決しました。

ただしSDカードスロットのドライバだけは移行できず,SDカードデバイスのメーカーのサイトにもすでにWindows 10用のドライバは見当たらない状態でしたので,個人の方が以前に取得していたドライバを公開してくださっていたので,それをインストールして何とか使えるようになりました。ここだけは要注意です。

タグ: [PC] 

さようならガラケー,さようならホワイトプラン,長い間ありがとう

softbank_202sh.jpg

妻は電話もあまりしないしスマートフォンにも興味がなく長い間ガラケーだけ使っていましたが,人との付き合いの都合上スマートフォンを持たざるを得なくなったので,私の古いスマートフォンにデータ通信専用の格安SIMを入れて使っていました。最近は通話もLINE通話が多くなってガラケーも使わなくなってきたということで,ガラケーを解約してスマートフォンだけにしようかという話になりました。

ガラケーはソフトバンクのホワイトプランで,私もほとんど電話を使わないので,二人合わせて月2700円程度でした。安いからこのままでもいいかと思いましたが,スマートフォンに一本化した方がランニングコストは下がるので,名残惜しかったのですが解約しました。

今は私が元々契約していたIIJmioのファミリーシェアプランに二人分MNP転入して二人ともスマートフォンのみとなりました。私もガラケーとスマートフォンの2台持ちだったので,少し身軽になりました。

ホワイトプランは,そのプランが出来た当初から契約していたのでおそらく10年以上使っていたと思います。その間端末は1度だけ交換しました。充電も週に1回すれば十分だったので,楽で良かったんですけどね。

そういえば最近は固定電話も滅多に使わなくなりました。まだ固定電話を廃止する勇気はないのですが,実際のところなくても困らない気がします。最近新しく家庭を持たれる若い家族では,固定電話を引かないという家も多いのでしょうかね?

まだ可能だったWindows 10への無償アップグレード

Windows 7やWindows 8からWindows 10への無償アップグレードは期間限定で提供され,すでに終わっているという認識だったのですが,下記サイトではまだ出来るとの記載があったので,あるWindows 8のPCを入手して試してみたところ,無事Windows 10へのアプグレードが出来ました。

参考にさせていただいたサイト: Windows10への無償アップグレード方法

Windows 10へのアップグレードのためのツールは,2019年1月20日現在まだマイクロソフトから正式ツールとして提供されているようです。

Windows 10 のダウンロード(マイクロソフト)

このツールを用い、無事Windows 8からWindows 10へのアップグレードが出来ました。今のところアップグレード後も問題なく動作しています。マイクロソフトから正式に提供されているツールで行ったのですから,当たり前と言えば当たり前ですが。

以上,ご参考になれば幸いです。

タグ: [PC] 

新調した腕時計 その3

seiko_selection_scxp076.jpg
SEIKO SELECTION SCXP076 SEIKOAmazon.co.jp


今年何個目になるのかちょっと数えたくないのですが(^^;,もう一つ新調しました(その1その2)。直径38mmなので小ぶりの時計が好きな私にとっては少し大きすぎるのですが,シンプルで少しクラシックなデザインがよかったので入手しました。今まで購入したものは風防ガラスが平面のものが多かったのですが,これは少しカーブしています。それが余計にクラシックな印象を強めています。風防ガラスの材質はハードレックスのようで,今までのサファイアガラスのものより傷が付きやすいかもしれないので大事に扱わないといけなさそうです。

似たような腕時計ばかりになってしまいましたが,これも大事に使っていこうと思います。

タグ: [雑貨]  [時計] 

Panasonic Let's note CF-B10 SSD換装メモ

letsnote_cf-b10_ssd.jpg
Panasonic Let's note CF-B10と換装に使用したSamsung 500GB SSD


家族用に使用しているPanasonic Let's note CF-B10は,以前HDDからSSHDに換装していたのですが,SSHDの効果があまりなく,最近特に遅く感じるようになってきたために,SSDに換装することにしました。SSHDの容量は1TBでしたが,実際には200GB程度しか使用していなかったので,価格的にこなれてきた500GBのSSDに換装することにしました(使ったのはこちら)。この時期のHDDモデルは換装が比較的楽に出来るので助かります。

1TBから500GBへサイズダウンとなる換装なので上手く出来るか少々心配はあったのですが,HDDからSSDへは通常サイズダウンとなることも多いのでツールも対応しているであろうということで,とにかくやってみました。

"HDD SSD 換装"というキーワードで検索すると,“EaseUS Todo Backup Free”というツールばかりが上位に出てくるので,まずこれを使いました(→窓の杜)。SSDをUSB接続用のケースに入れてCF-B10に接続し,このツールを立ち上げて「クローン」を選んでスタートさせるととりあえずスタートし,サイズダウンでも上手くいけそうに思えたのですが,55%までスムーズにきたと思ったら,ここからもの凄く遅くなり,残り時間が増え続ける一方で一向に進む気配がなく,そのうちに家族がPCを使いたいと言ってきたためにやむなく一旦キャンセル。

PCが空いたあと,再チャレンジしようとしたら,なぜか今度はターゲットのドライブの容量が小さすぎてクローンが出来ないというメッセージで終了。何度やっても同じなので残念ながらこのツールを使うのを諦めました。

そして,そのエラーメッセージで検索をかけたところ,次に出てきたのが“AOMEI Backupper Standard”というツール(→窓の杜)。そしてこれで同じくクローンを選んで実行したところ,時間はかかったものの無事にクローンが実行され,無事換装が終了しました。

CF-B10は2011年に発売されたモデルで,もう7年も前のモデルですが,CPUはCore i5のデュアルコア,モニターは15.6インチのFull HDで,SSDに換装することで文書編集やWebブラウジング程度なら今でも現役で十分使える状態に復活しました。USBが2.0というのが少々残念なところではあるのですが,印刷時にプリンタにつないだり,USBメモリに保管している文書を編集する時ぐらいにしか使わないので実質問題ないです。

レッツノートで15.6インチのモデルはCF-B10とB11ですぐになくなってしまったので貴重なモデル。大事に延命して使っていきたいと思っています。

タグ: [PC] 

-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。